News

続きはこちら


セカンドタブレット iPad miniとその他愉快な仲間たち

iPadとiPad mini
位置づけとしては、iPadを家の中で使うのに対し、7インチタブレットは持ち歩き用である。

スマフォじゃ画面が少し小さいので、外出時に電車やカフェでちょっと座って読むぐらいには ちょうど良いサイズだと思う。
では、iPad mini、nexus 7、Kindle Fire HDどれがよいだろうか?
性能でいうとiPad miniは価格の割に低スペックだ。それでもiOSがあってアップルのブランドなので、 人気があるのはiPad miniだ。低価格重視の電子書籍を読むのに使えるタブレットを考えるならKindle Fire HDもありだろう。 Android タブレットとしてはnexus 7が低価格、高スペックで良さそうだ。

 

iPadとは

Apple社の発売する、薄型インターネット端末です。
iPadの登場以降、パソコンとケータイの中間的なカテゴリーが成長しつつあるようです。
使い方は、ひとそれぞれですが、パソコンより手軽に利用できる端末として、今後iPadのような端末が普及していくでしょう。
iPadの強みはiPhoneと同じように、タッチパネルによる操作豊富なアプリケーションです。


【Q.どこで使うもの?】
持ち運びが可能な大きさ、重さですが、ケータイ電話などのようにモバイル端末というわけではありません。
家の中で持ち運びが自由な端末と考えた方がよいでしょう。
具体的には家のリビングでソファーに座りながら使うというようなイメージです。

最近は、カフェなどでiPadを使っている人を見かけます。ノートパソコンと比べれば、持ち運びも可能ですが、 ノートパソコンの代わりとしては微妙です。
それでも、見るだけの用途(メールの確認、Webサイトを見るなど)に使えればよいなら持ち運び用にも 良いと思います。

【Q.iPadは電子書籍端末?】
iPadは電子書籍用端末ではないので、AmazonのKindle PaperwhiteやSonyのReaderのほうが字が読みやすいと言われています。
書籍コンテンツは、徐々に増えていますが紙の書籍に比べるとまだ少ない状況です。
とはいうものの、かさばらず、読みたいと思ったらすぐに読み始められる電子書籍は便利な形態だと思います。

【Q.iPadはパソコン?】
一般的なパソコンと比べると多くの機能的な制約があり入力作業を多く利用する作業には向いていません。
大まかに言えば、デジタルコンテンツ全般を見て楽しむ為の端末と言えます。
逆にiPadでできることは、パソコンがあればほとんどできます。
それでもiPadを使うのは「パソコンでもテレビを見れるのに、なぜ多くの人がパソコンじゃなくてテレビを使っているのか」というのと同じ様な事だと思います。
目的や場所に応じた使い分けで、デスクトップやノートパソコン、iPad、スマートフォンを選べばよいと思います。

【Q.3G回線搭載モデルとWifiのみの違いは?】
iPad 3G回線対応と、Wifiモデルの違いは、3G回線対応と、GPS内蔵があるか無いかの違いです。
家の中で使う事が前提で、家にインターネット回線があり無線LANも使っているという前提なら3G回線なくてもよいかなという事になります。
ただし後からは変えられないので外出時に、使う場合の事を考えて、3G回線対応モデルにするという、大は小を兼ねる的な発想もありだと思います。
その他にも、外でインターネットに接続する方法として、 pocketwifi を使ったり、
Wifiテザリングが可能なケータイ(スマートフォン含む)を使い外からでもネットを利用できます。

【Q.容量は16GB, 32GB, 64GB 128GBどれにしよう?】
メモリーは後から変更はほぼ不可能と考えると、大は小を兼ねると考えて容量が多いのを選ぶ方が無難だと思います。
容量の大きくなりがちなコンテンツとしては、動画、写真、音楽、アプリなのでそれらがある程度増えそうなら32GB以上をおすすめします。
 

iPadの特徴

・タッチパネルを採用してる。
・豊富なアプリケーション
・画面の大きさ。
 →ケータイやスマートフォンでもインターネットはできるけど画面が小さい、iPadは画面が大きい分、見やすく入力操作がしやすい。
・様々な用途に応じた豊富なアプリケーションがある。
・比較的手頃な価格
 →今はパソコンをメインで使っているけど、webやメールぐらいしか使ってないので、普段はiPadで使える機能で十分という人も少なくないでしょう。


 

iPadの問題点

Flash非対応である事。
 Flashを利用したWebページが数多く存在するが、iPadでは使えない。
 今後FlashをHTML5などに置き換えたサイトが徐々に増えていくと考えられるが、まだ時間はかかりそうだ。
・パソコンとの違い
 iPhoneとパソコンが違うように、iPadとパソコンは違う。OSや操作性で言えば、iPadは大きなiPhoneのような感じです。
 iPhoneでやっていた事を、iPadでもやるのは、さほど難しくないですが、ノートパソコンでやっていたことを、iPadでそっくりそのままやろうとするのは時に困難です。


 

どう見る?iPadの問題点

・Flashに未対応である事。
→現状Flashを使ったサイトは多数存在し、それが利用できないのは不便。
 ただし豊富なアプリケーションがあるので、それらを活用すればいいじゃないという発想もあり。
・パソコンとの違い
→そういうものだと思って使い分けできそうなら使い、不要だと思えばこれまで通りパソコンでよいと思います。
いずれ、タブレットがさらに進化し、ノートパソコンに取って代わるものになればいいと思いますが、現状では無理にノートパソコンの代わりにする必要はないと思います。
パソコンとの比較で言えるのは、iPadはキーボードのないパソコンです。キーボードなしでここまで色々使えるようデザインされているという一方で、 キーボード無しは不便というという面もあります。
(システムの設計上の問題なので、単純にiPadにキーボードを繋げればよいという問題でもないのでそこは要注意。)


 

iPad購入適正チェック

以下チェックが多いほうが買うのに適しているでしょう。
□デジタルガジェットが好き。
□iPadの問題点(Flash非対応、パソコンとの違い)を理解している。
□MacとiPhoneを使っている。
□Twitterを良く使う
□パソコンを置くほどでもないけれど、メールとWebのチェックぐらいでiPadを置きたい部屋がある。

逆に以下のチェックが多い人は今買うのには向いていないでしょう。
▲今使っているノートパソコンやデスクトップPCにまったく不自由していない。
 無理にiPadを使う必要はないと思います。
▲iPhoneを使っているが、アプリケーションをほとんど使わない。
▲とにかく機械オンチ、電子レンジも使えない。
※直感的に使えるインターフェースとは言えども、機械アレルギーな人には不向きです。


 

関連サイト

アップル — 新しいiPad — 外も中も、鮮やかに優れています。
http://www.apple.com/jp/ipad/

iPad | SoftBank
http://mb.softbank.jp/mb/ipad/