3Dプリンターとは

個人用のインクジェットプリンターの立体版。それが3Dプリンターです。
従来のプラスチック成形は、金型による生産がメインで、時間とコストを要するものでした。
近年樹脂を何層にも重ねる事で立体物を作る機械が、10万円代で登場しています。
これにより、個人レベルでも、樹脂製品を比較的容易に作れるようになると期待されています。

【3Dプリンターの期待と現実】
あらゆるものが複製できる。究極は生命までもコピーして複製する。それは3Dプリンターの究極の目標かもしれません。
期待はあるけれど、そこまでの道のりは遠い。
それが現状です。
3Dプリンターにより、モック(試作品)作りの時間短縮と、低コスト化は期待できます、一般流通のプラスチック製品の成形には当面、金型成形が使われるでしょう。
その方が安くて高品質だからです。
個人でのもの作りにしても、ボタン一つで何でもできる訳ではなく、まずは3Dデータを用意作成が必要です。
姿形を作るだけのものであればよいとしても、実際に生活で使うものとなると用途などにより、精度、耐久性(耐水・耐熱・耐圧などなど)の他、価格、安全性など複数の要素が求められ、 既存の製品を突然置き換えるほどのインパクトはありません。
それでも、3Dプリンターでデータ通りのものが手軽に作れる事は、かつて活版印刷が情報流通を大きく変えたように、もの作りと流通を大きく変えるかもしれません。

【ものづくりのロングテール】
今までのもの作りでは、ある程度まとまったニーズが無いと製品化されず、手に入れる事が難しかったが、3Dプリンターによる少数生産や、オンデマンド製造ができるという事で、 ニッチなもの作りの活性化が期待されています。

【もの作りのパーソナル化】
本来もの作りというのは、民主的なものでした。
自分が使う道具を作る。自分が食べる食料を自分で育てる。昔の人は自分で多くのものを作ってきました。
しかし、産業革命以降、大量生産、大量消費の流れにより、多くの便利さを享受してきた一方で、我々はいくつかの事を失ってきました。
誰にでも合いそうなのが大量に作られ、いつしか人々はそれに自分を合わせるようになっていった。
大量生産された規格ものに人々が合わせ、規格にあった規格人間が量産されてはいないか?

3Dプリンターの出現は、再び人々に自分用のもの作りの機会をもたらす。
Super Custom 自分のためのもの作り。このサイト「俺専」は自分の為のもの作りを応援しています。

【3Dプリンター アイデアとヒント】
3Dプリンターで何を作るか考えるとき、アイデアとヒントに成  
3Dプリンターと3Dスキャナの関連情報サイト
ObjectA

小物アイデア

3Dプリンターでヤドカリが芸術作品に:日本人アーティスト(2013/08/08)

関連ニュース

空中に“手描き”できる3Dペン「3Doodler」日本発売 1万6000円 ナカバヤシが独占販売(2013/02/20)

壇蜜さんの全身3Dモデルデータ集発売 「艶やかさ、凛々しさ」再現(2014/02/07)

怖いくらい似てる...!? 3D プリンタを使って作った、本人そっくりの「顔チョコ」(2014/01/11)

食べ物の出力が可能な3Dプリンター「ChefJet」が2014年の後半にリリース予定(2014/01/8)

パリで「3Dプリントショー」開催(2013/11/17)

スミソニアン博物館、収蔵品の3D プリンタ用データを無償配布。マンモスの複製も可能に(2013/11/15)

宇宙でピザをつくる3Dプリンター(2013/10/30)

ヤマダ電機で3Dプリンターが販売される衝撃(2013/08/12)

パナソニックが3Dプリンタ本格導入 デジタル家電試作、コスト大幅削減(2013/08/09)

米国3Dプリンター事情(3)オバマ政権の3Dプリンター政策「アメリカに製造業を呼び戻す」(2013/08/06)

3Dプリンターで作る自家製銃、米国で波紋広がる(2013/07/22)

3D プリンタ用データの販売サイト「Sharedmesh」オープン、修正不要で造形可能(2013/07/17)

3D プリンタ用データの販売サイト「Sharedmesh」オープン、修正不要で造形可能(2013/07/17)

思い出の写真も立体に!3Dプリンターで自分をフィギュアに変身(2013/07/15)


素材

Thingiverse - Digital Designs for Physical Objects

3Dプリントサービス

DMM3Dプリントサービス

関連書籍

参考サイト

買う前の参考に!低価格3Dプリンターの比較
http://makerslove.com/162.html

3Dプリンター騒がれ過ぎ。それで飯食ってる僕が言うんだから間違いない
http://www.gizmodo.jp/2013/05/3d_74.html