趣味

ミニブーム

最近ちょっと流行っている趣味を探してみました。



謎解きイベント

謎解きゲームや脱出ゲームと言われる謎解きイベントは、謎を解き進めてクリアするゲームのことです。
1つの室内に閉じ込められた数人のプレイヤーが謎を探し、答えを解き明かすことでゴール=脱出できるというリアル体験型のゲームで、全国的に爆発的な人気を誇っている。会場は室内だけにとどまらず、街歩き型のゲームや遊園地、ドーム球場など、大きな空間をゲーム内の場所と見立てて行うゲームもあります。子供よりも大人に人気がある。難易度も高いものが多く、一般的な脱出成功率は3%とも言われています。
「進撃の巨人」や「ONE PIECE」などの人気アニメや、逆転裁判などの人気ゲームとコラボレーションされたストーリー仕立てのゲームも多くあります。
中には初心者向けのゲームや、ヒントをもらえるゲームもあるため、初めて参加する方は初心者向けのゲームを探すか、経験者とともに参加するのがお勧めです。
「脱出ゲーム」は株式会社SCRAPが商標を取っているゲームであるため、ここでは謎解きイベントと総称します。

読書会

読書会とは、読書好きな人が集まって語り合う会のことです。初めての人も多いため、まずは自己紹介から始まるのが一般的で、気軽に参加しやすいイベントです。本を通して参加者の趣味や感性がわかるということもありコミュニケーションも取りやすく、出会いも多い会として人気があります。
読書会の内容は、事前に指定された本を読み、会でその感想などを思い思いに語り合ったり、自分がお勧めしたい本の紹介やあらすじや感想を発表したり、時には会に参加した人たちと一緒に読み進めるなど、様々な方式があります。自分でただ本を読むだけでなく、アウトプットして本を深く鑑賞することができるほか、未知のジャンルの本に出会えるきっかけを作れるというメリットもあります。参加者の目的はそれぞれです。読書会の流れや参加費用は参加する会によって異なるので、事前にホームページなどで確認してくことが必要です。20代~40代の参加者が多く、朝活としての読書会も人気があります。

ウォーキング

最近ちょっとしたウォーキング・ジョギング ブームです。季節的にも走りやすいと思います。
都内だと、皇居の周りで多くの人が歩いたり走ったりしています。
ケータイのGPS機能を利用したウォーキングアプリケーションや、iPodの+Nikeなどもウォーキングを続けるちょっとした手助けになるかもしれません。

ウォーキングでいこう!

レッドビーシュリンプ

小さな赤いエビです。
熱帯魚の様に温水で飼いますが、飼育には比較的手間もかからないことから、手軽に飼え人気があります。
Google Trends: シュリンプ


分冊百科・パートワーク

週刊や隔週で発売される雑誌の付録を順番に集めて完成させるといった形態の出版物

デアゴスティーニ・ジャパン
http://www.deagostini.co.jp/


家庭菜園

毒餃子などの事件もあり、食の安全が見直される中家庭菜園もちょっと流行っているようです。
今は、種まきなど、ちょっと家庭菜園を始めるのにはいい時期だと思います。
他にも、地産地消として、地元でとれる食品を見直してみるのもよいかもしれません。
Google Trends: 家庭菜園


御朱印集め

御朱印とは、寺社を回って参拝の証として御朱印帳に一字一字書いてもらい朱印を押印してもらうことです。寺社によって内容も異なり、手書きのため同じものが二つとしてありません。また墨を使ってイラストが描かれることもあり、時にはアートとしての側面も持ち合わせています。このため日本人のみでなく外国人にも非常に高い人気を誇っています。御朱印は、まず御朱印帳を入手するところから始めましょう。通常は寺社に御朱印帳が販売されているが、最近では若い女性向けのものもあるため、事前に手に入れてから寺社へ出向いても良いでしょう。寺社で参拝後、御朱印所へ御朱印帳を持っていくと記入してもらえます。相場は300円程度です。スタンプラリーではないので、きちんと寺社のマナーを守ることが大切です。もちろんせっかく回るのであるから、寺社を知ることも重要です。寺社は全国各地にあるため、場所が限られずに誰もが趣味にしやすいものである。まずは近所の寺社から始めてはいかがでしょうか。

マインドマップ

趣味なのか微妙な所ですが、発想をふくらませたり表現するに便利な表現方法だと思います。
マインドマップって何だ?という方はこちらを参考にどうぞ。
http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/mindmap01/mindmap01.html
Google Trends: マインドマップ