News

続きはこちら


 

人工知能とは

現在よくいわれている、人工知能というのは、ディープラーニングを用いた機械学習や、ディープラーニングを取り入れることで進歩を遂げた、音声認識、画像解析、ビッグデータ解析に基づくサービス提供などを示している場合が多いようです。

人工知能という物体があるわけではなく、用途に応じて機械学習を調整、機械の処理に知的な振る舞いを取り入れることを、そう 呼んでいるだけなので、人工知能=人の脳 みたいな感覚でとられると、人工知能が進化するとなんでもできちゃうみたいな、誤解に結びつきやすいと思います。

 

人工知能をビジネスで活用するには

前にもあげたように人工知能というのはそういう物体が存在するわけではなく、目の前の作業を人工知能にお願いすれば、なんでもできちゃうというものではありません。

従来のコンピューター処理に比べると、データの入力が簡単になったり、設定の調整がある程度自動で行えるようになったり、計算処理速度の向上により、時間の制限で処理できなかった問題を、対応できるようになってくるようになりました。

目の前の作業が、比較的単調で、繰り返し行い、なおかつ他にも同様の作業にニーズがある作業でしたら、自動化をお勧めします。 続いて、今やっていることが従来職人の経験や勘に頼っている要素が多く、さらに技術を習得するのに時間を要するもので、それも同様に幅広いニーズのあるものでしたら、自動化を行うメリットが大きいと考えられます。


【Q.なぜシンギュラリティを警戒する必要があるか】
原子爆弾のように、テクノロジーと発展は時々悪い方向へ利用される場合があります。
しかも地球上の全人類を殺傷する能力以上の核兵器を保有していると言われている。
テクノロジーはただ進歩させるだけでは、良い結果をもたらしません。
人類最後の発明と揶揄されるように、テクノロジーの発展が、人類の発展に悪い影響を及ぼさなよう、研究者に限らず、多くのユーザーがテクノロジーの悪用を阻止する必要があります。


【Q.人間の頭脳を超えるとは】
よく言われる、集積回路がまもなく人間の頭脳を超えるという話は、ワンチップあたりのトランジスタの数の事であり、 それだけが実現できても、人間と同じことができるわけではありません。
例えば、人間の脳の大きさが、ゴリラの3倍としてゴリラが3匹いれば、人間の頭脳を超えてしまい、大変なことになるかと言うとそうではありません。
ただし、すでに将棋などのように対象物を絞り、いくつかの領域の中では、人工知能が人間との 知的対戦の中で、勝利しはじめてきており、さらにその領域は増加していくことでしょう。
 

AIスピーカーの問題点

・今買ってもできることは限られてる。
・プライバシーの問題。
 例えばGoogle Homeの場合、検索履歴がアクティビティとして、音声付きで履歴にでてくる。
 特に共有環境で複数の人が使う場合気になるかも。
その他ハッキングの危険性など。


 

人工知能適正チェック

以下チェックが多いほうが人工知能活用に適しているでしょう。
□導入することで生産性の向上に貢献する作業
□単調で退屈な作業。例外の少ない定型作業。
□人工知能を活用することで、精度が高まる作業。
□人間が行うより高速化でき、高速化することが利益に結びつくもの
□適切な教師データが作成できること。
□膨大の量のデータを、一定の条件に従い正確に振り分ける。
□人間がやりたくない作業。

人工知能不適切チェック。
▲人工知能に判断をまかせることで重大事故を招く可能性が高い。
▲問題が発生した場合、原因の解明判に結論に至った過程を調べる必要がある。
▲ごく例外的に発生する事象に対応する作業で、ニーズも少ない対応内容
▲人間にまかせたほうがコスパが良い作業
▲人間と同じように感じる。
人間のふるまいは、人間特有の生物的な構造によるものだったり、進化や、文化的に習得した情報を 元に動作しているため、別のアプローチよりシミュレートされたものとは別の反応をしめす可能性が高い。
人間側の反応をビッグデータとして収集して、推測することが可能な問題もあるかもしれないが、 身体性が同じでないと、同じように感じることは難しいだろう。


 

関連サイト

Amazon Echo
http://amzn.asia/2KduQhR

Google home
http://www.apple.com/jp/ipad/

LINE Clova
https://clova.line.me/