分野別活用2

使用する技術で分類してみました。


分野説明
自動応答(音声) 音声ベースで応答するものは、ざっくり言うとテキストベースで応答するものに、音声認識と、読み上げ機能を追加したものと考えられます。
コールセンターなどの商品サポートの分野での活用がすすめられています。
需要予測・行動予測(予測) AIタクシーなどのように、需要予測を、ビッグデータ解析によって行なっているケースが注目されています。
アサヒビールでは、商品の生産量などを、異種混合学習技術を活用した方法で予測などを行なっているそうです。

この人が次なにをしようとしているか短期的な行動予測を行う研究なども行われており、 推測に応じた、サービス提供を行う事が考えられます。
画像認識・自動分類(画像認識・動画認識) 従来の、バーコードやICタグベースの商品管理だけではなく、画像解析により商品を特定し、管理する方法が注目されています。
製造品質の管理などでも、画像認識の技術が利用されれています。
文字の識別(画像認識) 手書き文字の自動読み取りは、郵便番号の読み取りの自動化、手書き書類のテキストデータ化などをイメージすると変わりやすいと思います。
音声認識 Siriや、AIスピーカーのように音声で応対するには、音声認識の発展とともに向上してきました。 コールセンター、議事録の作成、会話など
文章作成 株価や、通貨の価格変動にあわせて速報の文章を作成したり、予報、決算レポートなどの文章を自動作成するのに、 文書作成の技術が利用されています。
作曲、描画、ディレクション 一般的にクリエイティブ領域は、ロボットがまだ苦手とする領域です。 しかしクリエイティブ領域でも、すべてが人間だけがもっている能力によって成立しているわけではないため、 一部の作業を、機械化するなどクリエイティブ領域でも活用はおこなわれていくでしょう。


分野別活用3(製品別)

ロボット 一言にロボットと言っても多数の種類がありますが、ペッパーのようなコミュニケーションロボットでも、人工知能が活用されています。 自動運転自動車 自動運転では、画像認識やその他のセンサーで得られたデータをリアルタイムに解析しながら、制御が行われています。

活用事例集

企業でのAI活用

日本では特に労働者不足が進行しており、ロボットやコンピューターによる業務の効率化が進められています。
ロボットや、人工知能が仕事を奪うと言われていますが、たしかに既存の業務のうち、繰り返し行う単純な作業、 特に「人手を多く必要とするもの」「ロボットに置き換えるとコストが下がり大きな利益をうみそうなもの」は自動化されやすいでしょう。

RPA
・オペレーション業務の自動化
・仕分け業務

分野別活用方法1

分野説明
物流 ありとあらゆる物流を自動化させるのに、ロボット・人工知能の技術が活用されつつあります。
トラックなどを用いた荷物を運搬するのに、自動運転ロボットの活用が進められています。
トラックに搬入される前の過程、例えば荷物の仕分けなどで、商品の特徴に応じた、分類を行うなどの活用方法が考えられます。
医療 病気の早期発見(問診、画像解析)、治療の分析、新薬の開発
教育 eラーニングの効率化、効率的な設問の作成
小売り 自動接客。販売分析。競合調査。仕入れ、販売情報の管理分析
飲食業 顧客ニーズの分析、人材育成、商品の管理
農業・養殖 ビッグデータを活用した、生産管理
人工知能・ロボット 開発・導入支援 これは活用方法ではありませんがそれ自体を提供するビジネス。
開発だけではなく、管理ソリューションや、導入コンサルタントなんかもあります。