人工知能と動物

今後人工知能は動物に知能の拡張をもたらすと思う。
それは、動物の能力が拡張されているのか、あるいは人工知能に動物がhackされているのか、どちらかはわからない。
そして、人工知能を搭載したペットは、言葉を話すかもしれないし、人権のようなものを主張するかもしれない。
その時、社会はどう変化するだろうか。

ロボットはなぜ人間を超えるのか

もし人間が自らの意思をもって生物および機械との融合による進化を望まないのであれば、
ロボットは人間を超えるだろう。
ロボットの進化は、人間の進化の過程よりはるかに早く、多様性に満ちている。

脱スマホ

AIスピーカー、AppleWatch、などのように、ネットに繋がってサービスや機能を提供する機器が増えていく事で、
スマホに集中していた、デジタルデータの入出力が徐々に環境に分散していくことになる。

それは、家全体、社会全体が仮想のスマホ化しているといいう考えもできるかもしれない。

人工知能の区分


音声認識
まずは正しく音声が認識できること、音声認識の精度が重要です。

特に日本語の場合、日本の中でしか使われておらず、日本語は比較的複雑な言語のため英語などに比べると対応が一歩遅れてしまう傾向があります。

画像認識・映像認識
映像記録は、映像データをそのまま記録していますが、内容を理解しているわけではありません。
画像データーに手動で、色々メタデーターをつけていくと、

特に日本語の場合、日本の中でしか使われておらず、日本語は比較的複雑な言語のため英語などに比べると対応が一歩遅れてしまう傾向があります。

予測
連携家電をどんどん増やしてもらわない事には、活用環境が限られてしまいます。

連携サービス
Amazonで買い物ができるとか、宅配ピザを注文できるとか、対応サービスが増えれば、活用方法も広まります。

音声コンテンツ
音声コンテンツというとラジオが思い浮かびますが、それだけに止まらず、対話機能を使えば、ゲームや学習などそのほかの分野のコンテンツもでてくると思います。

人工知能
音声による指示の場合は、タッチパネルの操作や、テキスト入力の指事に比べるとやや曖昧度が増します。特定の操作しか受け付けられないとなると、利用の範囲が限定されてしまうので、状況などを判断しながら、柔軟な解釈も必要になってくるでしょう。

スピーカー(音質)
現状、単機能として有効な利用方法は、音楽プレイヤー、有益なコンテンツは音楽と、音声ニュースということなので、スピーカーの品質の違いはある程度差別化になると思います。

もちろん、高音質のスピーカーを連携させてもよいのでしょうが、それだったら片方でよいのではないかという感じがするかも。

ディスプレイ
必ずしも必要ではないけれど、画面の方が正確に操作できたり、わかりやすいものはどうしても
あると思います。

卓上ロボット化
我々は話をするときに一定の相手を想定して話をします。

今後複数の人工知能を相手にやりとりしていく中で、人工知能のキャラ作りというのもひとつの
要素になっていくかと思います。

卓上ロボットは、人工知能と人が対話する上で、顔というインターフェースを通して、言葉や
文字にプラスの要素を付加するものとなります。