LINE Clova Friendsから考える今後のAIスピーカー

AIスピーカーというと、メジャーどころはGoogleかAmazonだが、LINE Clovaやそれ以外にも目を向けることで、AIスピーカーの新たな可能性が見えてくる。

・Clova WAVE
赤外線通信に対応しているので、赤外線リモコンを使った動作が可能だ。 将来的には各家電Bluetooth対応すればいいのだろうが、移行期としての赤外線対応は需要がありそうだ。

・Clova Friends
Clova WAVEに対しこっちはLINE通話に対応していて、あっちは「家電操作」こっちは「コミュニケーション」という区分があるようだ。
通話向けの専用端末というと、イエデン(固定電話)というものがあるが、そいういう点で考えると、これって固定電話の再定義なんじゃ無いかとすら思えてくる。 もちろんスマホあれば、通話も、映像ありでも、テキストやスタンプも使える。 でも固定電話って今でもあるし、専用端末的な見せ方をしたら、通話というレガシーなコミュニケーションツールを復権させる可能性もある。

・Gatebox
これまたLINE 資本のAIスピーカーだが、こちらは3D投影されるキャラクターをメインにしたスマートスピーカー。
ロボホンも含めて、特に日本市場はキャラクター化された電化製品が受けるマーケットだと思うので、このような広がりは興味深い。

スマートスピーカーはどこで差別化するのか?

今後様々なスマートスピーカーが登場していく中でいくつかのポイントを

音声認識
まずは正しく音声が認識できること、音声認識の精度が重要です。

特に日本語の場合、日本の中でしか使われておらず、日本語は比較的複雑な言語のため英語などに比べると対応が一歩遅れてしまう傾向があります。

連携家電
連携家電をどんどん増やしてもらわない事には、活用環境が限られてしまいます。

連携サービス
Amazonで買い物ができるとか、宅配ピザを注文できるとか、対応サービスが増えれば、活用方法も広まります。

音声コンテンツ
音声コンテンツというとラジオが思い浮かびますが、それだけに止まらず、対話機能を使えば、ゲームや学習などそのほかの分野のコンテンツもでてくると思います。

人工知能
音声による指示の場合は、タッチパネルの操作や、テキスト入力の指事に比べるとやや曖昧度が増します。特定の操作しか受け付けられないとなると、利用の範囲が限定されてしまうので、状況などを判断しながら、柔軟な解釈も必要になってくるでしょう。

スピーカー(音質)
現状、単機能として有効な利用方法は、音楽プレイヤー、有益なコンテンツは音楽と、音声ニュースということなので、スピーカーの品質の違いはある程度差別化になると思います。

もちろん、高音質のスピーカーを連携させてもよいのでしょうが、それだったら片方でよいのではないかという感じがするかも。

ディスプレイ
必ずしも必要ではないけれど、画面の方が正確に操作できたり、わかりやすいものはどうしても
あると思います。

卓上ロボット化
我々は話をするときに一定の相手を想定して話をします。

今後複数の人工知能を相手にやりとりしていく中で、人工知能のキャラ作りというのもひとつの
要素になっていくかと思います。

卓上ロボットは、人工知能と人が対話する上で、顔というインターフェースを通して、言葉や
文字にプラスの要素を付加するものとなります。

音声リモコン

AIスピーカーをリモコンという観点から考えて見ると、
それで色々な家電が音声で操作できるとちょっと便利だろうなあというイメージができると思います。
リモコンの場合はたまにどこか変なところにおいてしまい、あれどこだっけなんて事がありますが、AIスピーカーの場合は置き場所が一定で、同じ部屋なら多少は離れていても認識してくれます。

しかも音声操作だと、パソコンをしてたり、料理をしている時でも、使用できるという便利さがあります。

とはいうものの、現在は、対応できる家電が少なく、もう少し連携できるように各家電メーカーが 動く必要がありそうです。

脱スマホ

AIスピーカーはスマホの代わりにはならないが、ちょっとした検索だけなら AIスピーカーでもできそうだ。
まずはどんな質問ができるのかを覚える必要がありそうだが、
「今何時?」
「今日の天気は?」
「○○って何?」
という基本的なところから、徐々にできる事、できないことを探っていければよいのではないだろうか。